しまなみホッピング。

200903_133

初めてのしまなみは、しまをめぐるアイランドホッピング旅。

自転車で・・・行きたかったものの、それはかなわず、
レンタカーで今治→大三島→岩城島→弓削島→大島をめぐる。

ひとつひとつの島でいとなまれている「丁寧な暮らし」を取材し
たくさんの成果物とともに特産品のみかんやレモン、
手作りのパンと焼き物、レモンバター、
そしてなぜかブロッコリなど抱えきれないほどの
手土産を持ち帰ってきた。

200903_154

とりあえずは、まだ記事を書くまえなので
詳しくは触れられないのだけど、
へええ、こんな穴場があったのね、という印象。
島独特のエキゾチックな感じのものには出会わなかったけど
ほっこりと安心して和むことのできるやさしい時間があった。

日常から少し離れて
田舎に帰った気持ちで訪れるのに
いい場所なのかもしれないなと思った。

花粉症が治まる時季になったら
ぜひ自転車で走りたい。

200903_136

最近、どうも将来住む場所になるかどうか
そんな目線で土地を回っているような気がする。

特に国内は。

美味しくて安全な食べ物が自分で作り出せて
(→美味しい、ということろが難しい)
人とつながって、そこにしかない情報を
途絶えさせずにいろんな人と共有できること。
何気ないものをいろんな角度で見つめて
ああだこうだ話し合うこと。
そんな風に過ごせたら、幸せだなあと
しまなみの島に住む人たちをみて思ったのでした。

「しまなみホッピング。」への5件のフィードバック

  1. こんばんは。
    先日は楽しい時間をありがとうございました。
    1時間があんなにも短く感じたのは久々でした。
    そのくらいに楽しかったです。
    きっと、朝比奈さんの人柄のせいでしょうね♪
    まったりとしたような、ふんわりとしたような、、、
    不思議な空気をお持ちですね^^
    色んな人々との出会いがうらやましいです。
    ディスカバリー田舎
    私も興味あります。きっと流行ります!

  2. ブログ記事紹介

    しまなみホッピング。(ホリスティック・トラベル!)少しだけ弓削についての記述があるブログ記事です。ご紹介しておきます。

  3. やまかおさん
    こちらこそ、貴重なお時間をいただき
    ありがとうございました。
    お話が弾んだのは
    cafe Rufuge のかもし出すゆるやかな雰囲気で
    リラックスできたのもあったと思います。
    私、いつもインタビューは緊張して
    何言っているかわからなくなってしまうので(苦笑)
    あの空間を目指していく人が多いのもうなずけます。
    そしてやまかおさん家族の
    やさしい気遣いが伝わって・・・
    時間が許したら
    私、ずっと居座っていそうな気配でしたよね(笑)
    今度は自転車で
    しまなみを訪れたいなと思っています。
    どうやら東京駅から寝台列車で広島まで行く
    自転車人御用達のルートがあるようなので
    それを利用したいなーと。
    再会を楽しみにしています。
    お友達のみなさまにもよろしくお伝えください。
    私はあの鉄のトイレットペーパーのホルダーを
    次は狙っておりますよ。
    その前に、記念すべきルーブル、
    楽しんできてくださいね[E:wink]

  4. 素敵な夕日?ですね。瀬戸内の海と島々が醸し出すなんともいえない雰囲気が好きです。高知の外海とはまた違った雰囲気です。
    四国は桜もきれいなんですよ!高松から松山までの間に桜千里?という所があり、以前桜の散る中を車で走りぬけたことがありました。とてもきれいでしたよ。
    また山桜もきれいな所が多いように私は感じています。
    今度は是非さくらの咲くころに四国・瀬戸内を訪ねてみてください。

  5. なぐもんさん
    コメント、ありがとうございます。
    実はこれは朝陽なんです。
    大三島の立石展望台というところから
    撮影したのですが、とても美しい朝陽でした。
    桜が美しいとは知りませんでした。
    今年はさすがにすぐには
    行くことができなさそうなので
    来年を目指したいと思います!

コメントは停止中です。