10月25日(火)、東日本大震災 女性の視点での支援サイトを通して
宮城県宮城郡七ケ浜町の個人支援者の方へ
布ナプキン70枚を送付いたしました。

今回は同じ旅関係のライターである梅澤チナツさんが
布をとりにきてくださり、お母様と一緒に染色と縫製をしてくれました。
ご協力ありがとうございました。

もう少し布がありますので、引き続き、この活動をしていきたいと思っています。
私の職業(トラベルライター)では、できることが見当たっていないのが実情なので
こういった小さなこと、できることで、それをやりたいと言ってくれる仲間とつながりながら
誰か必要とされるところへ布ナプキンをお送りできたらと思います。

ちなみに、今回の布ナプキンは仮設住宅に住まわれるお母様方に手渡されるようです。
こういった活動を現地でされている方には本当に頭が下がります。

今後もゆっくりとちくちくと縫っていきますので
被災地の方で布ナプキンが必要!という方が
いらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

布ナプキンの今の被災地での最大のメリットは
・経済的
・ゴミが出ない
まずこの2点に尽きるのではないでしょうか。

使わないようであれば、
ネル地と綿を二枚あわせただけの 布ですので雑巾にも使えます。

もし、必要がありましたら、twitter経由やこのブログ経由で
ご連絡いただけましたら幸いです。

朝比奈千鶴