エコツーカフェでご紹介した内容。

1月25日(木)日本エコツーリズム協会主催「エコツーカフェ」にて
これまで何度も足を運んでいるニュージーランドをテーマに
ニュージーランド政府観光局の矢島節子さんと一緒に
スライドトークショーをさせていただきました。

secchan

矢島さんがニュージーランド(以下NZ)への四季を通した旅の魅力や、
NZにおける観光業の品質認証システム、クオールマークについて話されたあとは私の番。

kaijyou1
これまで行なった旅の様子をエピソードを交えながらスライドでお見せします。
ふだんは原稿を書き起こすとき見返す写真などを
人様にお見せするのは、ちょっぴり恥ずかしかったりします。
数年前の体験は写真がなく、お見苦しい点もあったかと思いますが…
この場を借りてお詫びいたします。

kaijyou
矢島さんと私が交互にスライドショーをしたあとはNZに関するクイズ会。
ふたりが話した内容から即興でクイズを出します。
お答えいただいた方にはマヌカハニーやマグカップをプレゼント!

onigiri
会場のアサンテサーナカフェでは
体に嬉しい玄米のおむすびやお惣菜が出ました。

エコツーカフェは昨年に続き、二度目の登場になります。
ふだんは文章で旅先の魅力を伝えているのもあり、
話すほうは苦手な分野ではありますが、話すことで
なぜそのディスティネーションに魅力を感じているのか、
どうやってその土地で遊ぶと楽しいのか…ということを再確認できて
また現地に足を運びたくなります。
また、このような機会がありましたら
ぜひとも参加して、ディスティネーションの魅力を
掘り下げたいと思います。
NZもまだまだ話足りないほど面白いエピソードがあり、
用意したポッサムの毛皮でできたショールなど
小道具も出せぬままでありました(苦笑)。

当日にご紹介した内容はここにまとめておきますので
どうか次のご旅行の際の参考になさってください。

北島
サステイナブルツーリズムチャーターのある町、ケリケリ

ワイポウア・フォレスト
環境カオリスタ.netのコラムをご覧ください。

カウリの木をめぐる神秘のナイトツアーは
フットプリンツ・ワイポウアに参加しました。

ロード・オブ・ザ・リングのモルドールの舞台となったトンガリロ国立公園

南島
クジラで地域ツーリズムに取り組むカイコウラ

マールボロ地区のワイナリーサイクリング

ニュージーランドでポタリング

当日、話した内容にちなんでお出ししたNZワインはこちら。
wine

右から、マールボロ地方のアルコール&カロリーオフワイン「INVIVO bella」と
「bella by Invivo Marlborough Rose」、
ネルソン生まれのヴィーガンワイン blacken brookのアートシリーズ「Shangri-La」。
アーティストが多く住むロハスな町、ネルソンらしい商品ですね。

こちらに詳細が載っていました。

また、日本エコツーリズム協会のホームページに当日の様子がアップされています。
ニュージーランドでは、これまで多くの現地着型ツアーに参加してきましたが、
ツアーに参加する、という旅行者側の能動的な消費アクションについては毎回の如く考えさせられます。
日本では、楽しい着型ツアーは増えてきましたが、
まだまだ内容が似たり寄ったりなものもあったりするのは事実。
オリジナルの物語を生み出すためにどうしたらいいのか、というのは
おのおのが地域の個性を生かすセンスを磨くことが重要なのかな、と思います。
となるとホリスティックに全体性を見て物事を捉えられる人材が必要なわけで、
そういったことは誰かが誰かに教えるものではなく、
ツアーに関わる本人がセンスと知識、経験で編み上げるものだったりします。

そして、私はそんなガイドさんに出会うと物凄く当たりくじを引いたような気持ちになります。
そういうガイドさんは勉強のために気になるツアーに参加して
内容やホスピタリティなどを学び続けていらっしゃる気がします。

また、エコツアーガイドという職業は
地域の自然を保全していくうえでも大切な役割を果たしています。
エコツアーは地域の自然に価値を見出して
経済&保全活動が生まれる「環」をつくる旅行のスタイル。
私は、ひとりで自由にめぐる旅が気楽でいいなと思っていたときに
取材でニュージーランドを訪れ、一歩進んで「旅」という消費の在り方を見つめるようになりました。

モノが飽和し、不景気も甚だしい時代に
旅行という消費を選ぶ理由はなんでしょうか。
これからは安かろう、放っておきっぱなし
もしくは高かろう、サービス過剰ではなく
知的好奇心を刺激する内容と金額のバランスを見て
消費者が主体的に旅のかたちを選ぶことができる、
「クオリティ・オブ・トラベル」が旅の主流になると思います。
それはすなわち「クオリティ・オブ・ライフ」にもつながるでしょう。

そういう意味では今回お話したニュージーランドにおいての
エコツーリズムを含めた旅のスタイルは未来形です。
ツーリストと地域のものづくりや農業、地域おこしのイベントが
横つながりでゆるやかに連携しあうと
情報もまたそのように広がりをもって伝わっていくのではないでしょうか。

また、エコツアーに参加する方も堅苦しく考えずに
まずは一度、NZでツアーに参加してみてはいかが?
帰国して、体験したことが生活そのものの気づきに変わっていくときに初めて
エコツアーに参加した体験がじわりと効いてくるのを実感するかもしれません。

最後に、寒い中、お越しいただいた皆様
ならびにニュージーランド政府観光局の矢島さん、
日本エコツーリズム協会の大久保さん、そしてインターンの皆様、
本当にありがとうございました。

※2月19日に加筆・修正いたしました。

2013年を迎えて。

あけましておめでとうございます。

招き猫

昨年末は惑星直列の冬至、
マヤ暦最後といわれた一日がありましたが、
世界が終わることもなく
無事に2013年を迎えることができました。
よかった、よかった。

昨年は新しく連載コラムやエッセイが何本か始まり、
初めて旅番組に関わりました。
また、親しい人たちとホリスティックツアーを行い、
スライドショー講演、地域のアートツーリズムのジャーナル制作と
やってみたいなと思っていたことがいくつか実現し、非常に充実した1年でした。
土地土地で起きたエピソードそのものが機能し始めたこの頃、
伝えることの可能性を模索し始めたところです。

「旅」というフィルタを通すと
人と人の心が近づきやすく、他人との壁が低くなるんだと
旅の記事を書く仕事を始めて12年目にして、整理できてきたような気がします。
色々試してみて、やっと「旅」という行為そのものを
ホリスティックに捉えられるようになってきたかな…。

さて、年末年始は秋田県鹿角市へ取材旅に出かけました。

雪を歩く2

伝統舞楽の取材の合間を利用して
スノーシューを履いて
地吹雪ツアーをしたり、
滝めぐりをしたり。
➖6℃の気温は痺れるほと冷たく、
ヒートテック、暖パンの威力を足元以外に
実感した次第です。

そうそう、今回の取材で、鹿角市のことを初めて知りましたが、
2月に国体が開催される地だということをご存知ですか?

実は、ワタクシ的パワースポットとして
日本の神託カード」に出てきた、
黒又山が鹿角市大湯地区にあるということで
訪問前からテンションが上がりっぱなしでありました。
なぜパワースポットかというと…まあ、ググってみてください。
(自分で探していくのが面白いと思うので)

本宮神社

31日は大湯地区にある「ホテル鹿角」に宿泊。
ゆったりと温泉に入りながら新年を迎え、
初詣は、黒又山(通称クロマンタ)頂上の本宮神社へ。
鹿の足あとをたどりながら鳥居から頂上まで15分。
吹雪いていなければ、らくらく登れます。

実はこの黒又山、ピラミッドではないかといわれており、
近くには日本最大のストーンサークルもあります。
鹿角は、石やUFOなど神秘のロマンを求める人には興味深い地とお見受けしました。
冗談でなく、古にはとても重要な基地だったような気がします。
本当のことは誰にもわからないと思いますが、
現代の科学をもってしても
解明できない不思議なものが確かに存在した、
そう思うだけで
胸がときめきませんか?

さて、私は今日からフィリピンに行ってきます。
約2週間の旅は、短期語学留学が目的で観光よりも勉強が中心。
今年は、自分の特性を生かして「機能」するべく
苦手だった英語に取り組んでみようと思います。
ネイティブはもちろん、それ以外の国の人たちとの共通言語を持つためにも。

では、行ってきます!

お、大事なひとことを忘れていました。

今年もよろしくお願いいたします。

朝比奈千鶴