昨年、取材して寄稿したあきた白神たびネット「ぶらりぶらりと探す、あきた白神 旅のツボ」冬ヴァージョンの取材が始まります。

今回は、昨年からお願いしていた能代の喜久水酒造さんでの醸蒸多知(かむたち)修行も含まれています。

DSC03849

醸蒸多知という言葉はどうやら造語らしいのですが、文字の組み合わせがいいですよね。
その言葉の響きに惹かれて志願したのですが、
内容は1週間を同じ釜の飯を食いながら寝泊まりして杜氏と共に酒造りを行うというもの。
日本酒好きにはたまらない企画を
どこで書こうかと探していたら、地元メディアにご縁がありました。
これを機会に、日本酒ファンだけでなく
地元のみなさんにも大切な食文化が地元で紡がれていることに興味を持っていただけたら幸いです。

DSC03920

宮本常一講演選集「旅と観光 移動する民衆」のオビに、
『旅すること、ほんらいの「観光」の意味とはなにか。』と記してあります。
また、旅とは、旅する者が主体的に風土と人とのかかわりのなかで新たなものを発見することー
とも書かれています。

奇しくも、ここ数年、訪れる場所はそれを意識して訪ねていました。
取材するときは日々、まちに暮らす旅人の視点でいること、等身大の消費者でいること。
旅のなかで光を感じるものをただ見つめる。違和感のあるものは納得がいくまで見つめる。
これはここ数年、変わりないスタンスです。

その結果、光が見えた先にあったのは自然の叡智のほか
今そこに生きている一人ひとりの人生が(その人が)豊か(と感じているの)であれば
その場所はそれで和やかに成立しているということでした。
もちろん、産業を大きくしたり、観光地化をすることで活性化している地域もあるので
どれがいいというものでもありません。

現象として、枠組みを大きくしてそれに沿っていくことよりも
枠組みのないなかから発する自然な取り組みのほうが、ひずみはないように感じます。

人生の豊かさが民族を作るのだと、チェコの作家カレル・チャペックが
スペインを訪れた際に記していますが、まさにその通り。
そして民族意識をがちがちに持ちすぎずに、
必要ならば頑固に執着せずに自身の神様ともおさらばするのだと。
おのおのの相違のそれぞれは愛する価値があるからで、それは人生を何倍も豊かにすると。
わたしたちを分かつすべてのものに、わたしたちを結びつけさせよ!と結んでいますが
分かつものってなんでしょうか。
それは人間が一番取り扱いがしにくくて、反対にしやすくもある
“感情”というものなのかもと、ふと思ったりします。

DSC04166

融合することがなくても共存できること
艱難辛苦を笑える強さがあること
そんな人たちが住んでいる場所であることを
前回のあきた白神取材で出会った方たちから見えてきました。
初めてあきた白神地域を訪れる方に向けた記事で
私自身も詳しい場所というわけではありませんが
旅人として訪れて、記事の内容以外にも大切なことを受け取りました。
そういったことも伝えられるようにことばの技術を磨かなくては。

DSC05108

ただいま、あきた白神で体験したエコツアーの原稿を執筆中です。
そして、すぐに現地でみなさんに再会するのが楽しみです。

<お知らせ>

現在発売中の雑誌「自遊人」に旅のエッセーを寄稿しています。写真家森本菜穂子さんと雪国A級グルメを求めて水上温泉・蛍雪の宿 尚文へ。おいしい旅の詳細は8ページに渡って紹介されています。今号の特集は「Best Hotels in Japan あなたのベストホテルはどこですか?」。編集長セレクトによる23人の熱い宿論が寄せられているなかで、私も1ページコメントを寄せています。そのなかで日本はふたつ、外国はひとつ(クロアチア Poreč にあるKaštel Pansion & Restaurant)の宿をご紹介させていただきました。ぜひ、誌面にてご覧下さい!

ことりっぷマガジン 冬号」では能登の里山里海とともにある暮らしを紡ぐ、民宿ふらっとを取材しています。こちらも現在、絶賛発売中です。

ルミネのコミュニティサイト「ルミネアパートメント」の旅行サークルにてアドバイザーのようなことをさせていただいています。期間が終わりに近づいていますが、よかったらご覧下さい。

環境カオリスタ.net 「ホリスティックトラベル」のススメ 高野山編を全4話公開しています。二度目の高野山は、コウヤマキの香りが聖地へと誘ってくれました。人気の宿坊体験もありますよ!