世界のここち巡り。

『ORBISマガジン』2020 年1月号より、連載「世界のここち巡り」を執筆しています。

1ヶ月に一か所、今まで巡ったなかでも特にここちの良かった出来事、風景について書いています。ここ数年は意識して国内を巡り、プライベートでの海外は2年に一度、1ヶ月ほどかけて旅行者として土地を巡ることを心がけてきました。なので、ずいぶんと前に訪れた場所のことも書いていますが、数年前の記憶でも、鮮烈に覚えているのは、風や気温、植物の香りなど。五感で覚えた旅の肌触りは忘れないのだなあと改めて実感しています。

“世界のここち巡り。” の続きを読む

コロナでいろいろ、日々の旅。

2020年の年明けから地球上を騒がせている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はまだ終わりが見えていない。
2003年のSARS 終息宣言の際には、いち早く香港に出かけていったが、今回は先々予定していた海外渡航もどうなるかわからない。とりあえず、先方はいま、鎖国状態なのだから。

“コロナでいろいろ、日々の旅。” の続きを読む

天草晩柑の口福。

5月。満月の日に、まん丸お月様のような天草晩柑が自宅に届いた。

差出人は、天草で染織を営む光永綾子さん。

地元の草花で布を染める彼女のところを訪れたのは2年前のこと。いろいろあって取材は一度で済まず、再訪して原稿を書き上げたのだが、媒体が急遽終了してしまうことになり、結局、掲載が叶わなかった。そのようないきさつもあり、彼女とはSNSでつながりつつも申し訳ないという気持ちがあった。

“天草晩柑の口福。” の続きを読む