朝比奈千鶴 chizuru asahina

文筆業

まだ言葉にならない、萌芽のようなものを見つけて文章におこしていくことを生業にしています。

ここ数年は“暮らしの延長線にある旅”に興味を持ち、食の生産者や宿を取材中。おもにWEBや雑誌、旅行誌などにトラベルライターとして寄稿しています。

ディスティネーション(訪問先)の自然や文化を体感することで旅人があらゆるものにつながりを実感する旅を「ホリスティックトラベル」と名づけています。
コストや体力、お休みの環境を含めて、等身大の旅(ちょっとだけ背伸びするときも)に気軽に出て行けるような気持ちで。

トラベルライターの仕事を始めたのは1997年。その後、出版社編集などを経て独立。フリーランスのトラベルライターとして活動しているのは2002年からです。
以降、15年間はのべ50カ国以上を旅の体験記事だけではなく現地スタッフとともに取材を敢行し、旅行記事を制作しています。

海外企画の特集ページや書籍を企画しているうちに、日本を深く知ること、国内旅の実情を自分なりに体感することの必要性を感じ、2009年頃から海外からゆるやかに国内旅の取材へシフト。

2016年からは必要があるときにはテーマに沿って海外取材にも出かけています。エコツーリズムのほか、サステナブルな食べものの現場、ハーブ、民宿などをめぐる旅に多く出かけています。

素直な等身大の旅をしていくと同時に、必要性を感じたときに旅先で提案をして書籍を作ったり、編集プロジェクトを企画したり、明日につながるような動きをすることもあります。

私の関わった制作物を目にした人が、少しずつ身の回りが楽しくなるような、人生を振り返ってあんな体験したよね、と味わえるような、そんな言葉を重ねることを心がけています。

キーワードは
地形、季節、風土、民俗、環境、発酵、ハーブ、民宿、エコツーリズム、ガストロノミーツーリズム、体験観光。

◎エッセイ&コラム連載
公益社団法人 日本アロマ環境協会
環境カオリスタ 公式ホームページ
環境カオリスタが行く!「ホリスティックトラベル」のススメ
(2017年12月終了)

季刊誌 ことりっぷマガジン「暮らしと、旅と…」紀行文連載

季刊誌 TRUNK
「トラベルライター 朝比奈千鶴の旅する調味料」エッセイ連載

ルミネアパートメント期間限定 旅行サークル

◎執筆
書籍『Birthday herb』水戸 養命酒薬用ハーブ園編(朝日新聞出版)

雑誌 『4travel』『翼の王国』『NEUTRAL 』『TRANSIT』『PaperSky』『SevenSeas』『TRUNK』などの旅行誌のほか、『ecocolo』『OZマガジン』『 ソトコト 』『料理王国」 『StudioVoice』『 家の光』「月刊カドカワ』『孫の力』『 一個人』『ことりっぷマガジン』『自遊人』『rapora』など多数

過去連載
毎日新聞 近畿圏主要都市配布版
月一連載 エッセイ
「朝比奈千鶴のあんな国こんな国」(2013年終了)

全日空 国際線
エンタテインメント誌
SKY CHANNEL コラム連載
「トラベルライター朝比奈千鶴の
旅ってこんなに面白い!」(2012年終了)

◎WEB
あきた白神・たびネット「初心者のあきた白神あるきコラム
2015年夏編 &2016年冬編
阿波ナビ 「トラベルライター 歩き遍路紀行」(全5回)
マガジンハウスcolocal日本国内のローカルアクションを取材
ショットマガジン カフェグローブ
(公社)日本観光振興協会 ワンウィークバカンス コラム
日本エコツーリズム協会

過去連載
千趣会 「暮らしのたまご」トラベルコラム
knt × 角川グループ 「旅の発見」 体験コラム
ことりっぷWeb 「暮らしと、旅と」コラム連載

サントリーウエルネスオンライン ウエルネスライフマガジン
毎月第3週配信分 コラム連載
「トラベルライター 朝比奈千鶴の地球を感じる旅」(2015年終了)

◎テレビ出演
CS 旅チャンネル「ホリスティックな週末」(全12回)ナビゲーター
番組連動ページホリスティック・モノがたり執筆

◎企画編集・出版プロデュース
nakata.net ITALY WALK
石井好子 巴里の空の下オムレツのにおいは流れる レシピ
鳩山幸 鳩山幸のスピリチュアルフード
成田美和 フェイシャルセラピー
湘南かまた食堂 スモーク~週末、中華鍋で肉を燻す レシピ

◎ラジオ出演
J-WAVE
TOKYO FM
Inter FM

◎PR冊子企画編集
三井不動産
全日空
日本精工株式会社
VISIONAIRE 「PLAY △○x□」 日本イベント冊子 編集&ライティング
ワコールアートセンター 「Spiral paper」 ライター
成田空港第2ターミナルオープニング記念空港誌「Air side」編集長
横浜アートツーリズム 「象の鼻ジャーナル」編集&ライティング

◎講演、講師実績
東京農業大学、日本エコツーリズム協会、寒川町立寒川中学校、
Floors Kagoshimaセミナー
津南町つなgo!プロジェクト「みんなで編集会議」、雪国観光圏、秋田県山本地域振興局など多数。
丸井吉祥寺店 無印良品 がようしラボ
「旅たくなる!好きから見つける旅プラン」

◎コーディネーター実績
2015年10月
エコツーカフェ「富山湾を囲んであっちとこっち」@OnJapanCafe(東京都渋谷区)
2016年8月
エコツーカフェ「富山湾を囲んであっちとこっち 発酵食編」@あずまだち高瀬(富山県南砺市)

◎財団法人 日本余暇文化振興協会認定
ツーリスト技能者(余暇ナビゲーター)

◎社団法人 ネイチャーゲーム協会
ネイチャーゲームリーダー(自然案内人)

twitterやFecebookメッセージ、または下記コメント欄よりお問い合わせください。

コメント

初めまして。
私は朝比奈さんのようなトラベルライターになることを夢見ている、都内女子大に通う3年生です。
朝比奈さんの経歴を見させていただいて、一つ疑問が浮かんだので質問をしたくコメントをさせていただきました。

「面白いと思った旅の出来事を熱っぽく話しているうちに
他社の書籍の企画として通ったために
フリーランスの書籍編集&ライターとして独立。」

と書かれていましたが、特定の編集社に勤めていながら、どのようにして企画が他者の書籍の企画として通ることがあるのですか?

こんにちは。
それは、新卒の方から見ると特殊な例に見えるかもしれないのですが
以前勤めていた出版社で、そのとき担当していた雑誌が
終わったときだったので、ちょうど別のことを始めるのにいいタイミングだったのです。
なので、独立準備していた訳ではないのですが、
いつもこの内容はこんな風に誰かに伝わるといいなと
ネタを準備していたのがよかったようです。

トラベルライターはやりがいのある仕事ですよ。
ぜひ、さまざまな出来事を吸収して、いい取材者、書き手になってください。

初めましてこんにちわ。
私の名前は芹澤東洋と申します。
年齢は24歳で今年の3月に大学を卒業しました。

私は就職活動が始まる大学3年生の夏休みに初海外一人旅にでました。
そして旅の世界にどっぷりとハマり、2年間で22カ国を旅(バックパッカー)をしブログを書き続けていました。

嬉しいことに旅中に書いていたブログがインド旅行、アジア留学、アメリカ旅行ランキングのカテゴリーで合計3度”1位”を取ることができ、そのブログのおかげで先日自身初の講演会などをやらせていただきました。

私は自分の人生を変えてくれた”旅”を本気で伝えていきたい。
そして”旅”で知った恵まれない子どもたちのためにも書籍を発行したいと本気で思っています。
また将来はトラベルライターになり、世界の素晴らしさを発信していきたいと思っています。

ですが現在、書籍化やトラベルライターなどの夢を叶えるには具体的にはどのように”アクション”を起こしていいのかわからず悩んでいます。今は帰国して3週間経つのですがいわゆるニートです。
もしよろしければ、何かアドバイスの方いただけませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

芹澤東洋

芹澤さん、返事が遅くなってすみません。
まず、どのようなタイプの文章を書かれるにしろ、
20代のうちに社会人としての基礎を作られるのがよいかと思います。

「トラベルライターで食べていく」という風に考えると
どうしても社会との折り合いが必要になります。
日本や世界などのさまざまな基準を想像できるか。
その想像力を養うためにも、ぶつかりながら
ひとつの場所にいる経験をして「自分のものさし」を育ててください。

また、日々、言葉を紡ぐときに日本語できちんとした文章を、
そして長文を書けるように
心がけることも大事だと思います。
私は、自分がしっくりこない言葉は使う必要はないと思います。
その言葉を使うことで、どのような人に伝わるのか、
また、何のために言葉を紡いでいるのか自問自答することも大切なのかもしれません。

私も、偉そうなことを書きながらも日々鍛錬している身であります。
うまく時流に乗るにはある程度のセンスも必要なのでしょうが
私はそこを目指してはいないので、
スーパーブロガーのような方面を目指す場合は
そのあたりで活躍されている方に伺うのがよいかと思います。

書籍を発行するには物事の仕組みを知ることも大切です。
つまづき、疑問を抱きながら社会の仕組みを知っていくと
自分のやるべきことがおのずと見えてくるのではないでしょうか。

頑張ってくださいね!
今後のご活躍をお祈りしています。

朝比奈千鶴

はじめまして
神山菜穂子です。

ガラパゴスのことを調べていたら、エコツーリズム協会の朝比奈さんの記事に辿り着きまして。
今 こちらのwebを拝見させていただいております。

まだ言葉にできていませんが、
とっても安心感を感じるサイトでした。

この人、どんな人のページも
どんな方なのか知れて嬉しかったです。
どうもありがとうございます。

これからも、身の丈で健やかな旅路を♪♬

神山さん、コメントありがとうございます。
励みになります!

安心感を抱いていただけたのなら嬉しいです。
なるだけいろんなことを見るようにして
等身大を少しずつ広げていけるような旅や暮らしを
旅人側の目から紡ぎたいと思っています。

ずいぶん前にコメントをいただいていたのにお返事が遅くなってすみません。
今年もいろいろ書いたり編んだりおしゃべりしたりしていきますので、
よかったら、また覗きにきてください♪

コメントを残す

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください