ジプシーキャラバン。

035_4
映画「ジプシーキャラバン」を観にいってきた。

 

ロマ(ジプシー)の血をひくインド、ルーマニア、
マケドニア、スペインの4バンドの6週間にわたる北米ツアー
「ジプシーキャラバンツアー」を追いかけたこの映画は
音楽とともに、演者の人生をも追うドキュメンタリーだ。

ロマの起源はインド北西部。
それを知ったのは恥ずかしながら、昨年の今頃のことだった。
遊牧民の織物や服装を追いかけてグジャラート、
そして布織物など手工芸品や
太陽光発電などの技術教育等によって
最低層カーストの人たちを救う
ベアフットカレッジを取材するために
ラジャスタンを訪れていた私は、
移動のため、現地の人とともに
しょっちゅうポンコツ4WDで砂漠を走っていた。

その際にラジオから流れていたのが
甲高い声で半音を上げたり下げたりするような
短調のメロディと打楽器の繰り返し。
思わずこちらが手拍子をしたくなってしまうリズム。
これまでに聴いたことのあるシタールや
宮廷音楽の優雅な響きと随分違っていたので
現地の人に「これは何か」と聞いたら、ロマの音楽だという。

情熱的ながらも、どこか哀愁を帯びている大地の音楽。
そのせつないメロディとリズムが自分の五感に深く響いたらしく、
今でも、砂漠の映像を見ると、あの「音」が鮮やかに蘇ってくる。

Img_8900

砂漠で生まれた、喉の奥から最後の一滴を求めるような渇望の声。

一般社会から虐げられてきた悲しみの歴史を乗り越え、
砂漠から湧き出る水のごとき、大いなる喜びを
彼らは音楽で共有する。

音楽は、生きる力。

人間の喜怒哀楽をストレートにあらわす彼らの音楽は、
国境をいくつも越えたとしても、ロマの生き方、
感情の根本は変わらないと音に伝えられている。
ロマは音楽を学校で習ったりはしない。
それは代々、見たまま、感じたままを模倣し、
それらを自己で咀嚼して表現していくことから始まっている。

「五感に刻まれる記憶」というのは、
頭で覚えようとする「暗記」と違って、体に染みつく。

この映画を通して、昨年そんな体験をしたことを、ふと思い出した。

写真上は牛乳の甘いお菓子をつくるひと。
写真下はグジャラートで出会ったラバリ族の女性。

 

「ジプシーキャラバン。」への2件のフィードバック

  1. ブログの再開を待ってました。
    ゆるゆるっとの更新を楽しみにしてま~す。

  2. ♪℃ネーサン
    コメントありがとうございます。
    昨日帰国したばかりの
    ニューメキシコネタも
    早々にアップする予定なので
    ぜひ、見に来てくださいね。

コメントは停止中です。