もりをまねく

『もりをまねく』という絵本を構成・執筆いたしました。

発案はランドスケープデザイナーの熊谷玄さん。素敵な装丁とイラストは、stgkの伊藤祐基さん。

新潟の宿「ryugon」のプロジェクトでご一緒しているお二人と、宿のグランドオープンに合わせてプレゼントとしてつくり、宿にお贈りしました。

“もりをまねく” の続きを読む

15年選手の相棒。

重くてもいい、中身が壊れなければ……とリモワのスーツケースを購入したときのことを思い出した。東京オリンピックが近づいてきたからかもしれない。購入したのは、15年前のアテネオリンピック取材のときだったから。

最近はビジネス用バックパックひとつで軽々と出かけることが多くなり、旅程のなかでLCCも利用するから、すぐに重量オーバーになるような重めスーツケースはもう使うタイミングがないかもな、と思い始めたのもある。

先日、久しぶりに傷だらけのリモワを引っ張り出して旅へ。

天草晩柑の口福。

5月。満月の日に、まん丸お月様のような天草晩柑が自宅に届いた。

差出人は、天草で染織を営む光永綾子さん。

地元の草花で布を染める彼女のところを訪れたのは2年前のこと。いろいろあって取材は一度で済まず、再訪して原稿を書き上げたのだが、媒体が急遽終了してしまうことになり、結局、掲載が叶わなかった。そのようないきさつもあり、彼女とはSNSでつながりつつも申し訳ないという気持ちがあった。

“天草晩柑の口福。” の続きを読む