1週間のカンボジア旅を経て、ホーチミンへ。

DSC03740

ホーチミン在住の友人、田中博子さんとは、
いつも東京で会うだけだったのだけど、このほど現地で再会。
美意識の高い彼女に連れられた場所は
どこも映画のシーンのような景色で、うっとり。

ベトナム、女性に人気があるのがわかります。
アンコールワットと同じく、一度は!という旅先。

DSC03734

一方、カンボジア、プノンペンなどで
「今しかない」であろう空気に触れ、

複雑な体験をいくつも折り合わせることで
来年はこんな風に、という目線も定まってきた気がします。
ちなみに今年は「機能」する、がテーマでした。

大きな全体の、つなぎのような存在としての、文章や動き。
良くも悪くも誰かに届けるということ。
そもそも、それはどこからどこに繋がっているんだろう、
そこを強く意識し、小さな書き手として、
文章の前にある「筆の立ち位置」のようなものを
自分なりに確認し、再構築しなければ、と心がけていました。

見えてくるものの背景は、実は見えないところにあります。

すぐに結果や結論なんて出やしない。
想像しながら、妄想しながら、勘違いしながら
触れて感じて人間は生きているのだとことをまざまざと知る1年でした。

1年間の旅を終え、来年もその先の納得感にいくまで、
自分なりにチャレンジを重ねていきたいなあと思います。

投資した分のお金はちゃんと回収もしたいですのう〜。
きれいごとばかりでなく、オチはちゃんとありました。
私だけでなく、誰にでも「旅」は暮らしの経済活動のなかで、大きな一部を占めます。
だったら、お金が存在する限り、賢くそれを循環させていきたい。
どこに、使うか。

ものごとの本質を見極め、場所にある「今」を流れるムードを
届けられるよう、これからも気になる各地に足を運んで取材をしていきたい。

2014 年12月クリスマスの前に、サイゴンにて。

DSC03822