今年の桜前線は早かったですね。
私の住む湘南の海沿いのエリアは、すでに葉桜となってしまいました。

地元での花見帰り、引地川の花筏を眺めながら。
こんなに暖かい、むしろ暑いくらいの花見はいつぶりでしょうか。
もしかしたら初めてかもしれない。

3月の終わりには、奈良の高田千本桜も堪能。


ちょっとだけ隠し撮りしてごめんなさい。
この場所は、奈良が大好きで7回もきているという中国人女性が教えてくれました。
バスの中で出会った彼女とはお互い車窓の桜の風景に感じ入り、感性を同じくできるもの同士で話が合いました。
旅のご縁、またどこかで出会えますように。

桜の季節といえば、ちらし寿司。

こちらは京都の茶源郷、和束の茶農家民宿えぬとえぬさんでいただいたもの。
じゃこのほのかな塩気と卵の香ばしさ、まろやかな酢飯。
パーフェクトなおいしさでありました。

ごちそうさまでした。


そして、こちらはさくら繋がりで千葉県佐倉市の
眼鏡のとよふく内穀菜食la_queueさんの穀菜食ランチのちらし寿司。
ランチタイム、従業員の方が代わる代わる同じお弁当箱を持って休憩に出られる姿が見られたので、きっと同じものを食べていらっしゃるのではと推測。
作る人の優しさがじんわり体に染み入るようでした。
こちらは油揚げが入っていましたよ。

ちらし寿司は家庭によってずいぶん味が異なりますよね。
私の実家のものは、人参や蓮根、いんげんなどおなじみの野菜に加え、油揚げ、卵、海苔、だったかな?
桜でんぷがかかっていて華やかでしたが、私はこれが苦手でした……。

エディブルフラワーを散らしたちらし寿司もいいわよ、と昨年ある人から教えていただいたので、今年は何かの機会に作ってみようかと思います。

久しぶりのブログ更新は近況報告まで。
さあ、ハーブを植える季節になりましたよ!